志望動機のホンネとタテマエと対策

新潟の総合人材サービス、スタッフエースの五十嵐です。

 

今回は『志望動機』について、思うところをお話させて頂きます。

 

就活する中で意外と頭を悩ませる項目の1つに、応募先への『志望動機』があります。

職業訓練で訓練生の就職支援を行う場合でも、どのように書いたらいいか、答えたら

いいかという質問を受けることが多々あります。

 

過去のキッカケが理由で応募した、メディアで企業情報を知って、

どうしてもこの会社で働きたい、など明確なストーリーがある方は、

比較的スムーズに対応されています。

 

ですが正直、求人に対しての応募は皆が皆、明確な志望動機があるわけでは

ないようです。

よく、一緒に考えてほしいと相談をうけますが、実はホントのところ

『家からの距離が近かった』『就業時間が丁度良かった』『給与がよい』

中には『なんとなく』なんて方もいらっしゃいます。

このホンネをそのままいったところで、余程の事がない限り、採用には至らない

でしょう。

 

募集する企業側は、この質問にどのような意味があるのでしょうか。

 

今回は、履歴書への記載でなく、面接対策という観点で考えていきます。

 

まず、採用担当の方に、『志望動機』についてお聞きしてみたところ、

下記のようなチェックポイントを頂きました。

 

・自己分析力や自分をセールスする力があるか

・会社や業界の事を事前に調べているかどうか

・求人職種に対する知識があるかどうか

・その場の空気を読む力、コミュニケーション力があるかどうか

など

 

私も時には採用担当者という立場で面接を行いますが、

『志望動機』は『志望動機』に有らず!

ですから、「昔からあこがれていた仕事で、理由は・・・・」なんて

話はどうでもいいと思ってます。

 

目の前の方の、人となりを見極める質問と位置付けています。

 

この質問に対して、情報収集などの準備をし、面接会場の空気を読みながら、筋道を立てて話ができる方かどうか見極めています。

 

本番の前に模擬面接を行うことがあります。

事前の情報収集で、企業情報ではなく、ネットで『志望動機のテンプレ』を

検索したでしょう!という方が多く見られます。すぐわかります。

これは間違った準備です。

多くの方が見て、使っている可能性があるなら、他の方との差別化になりません。

 

もうおわかりかとおもいますが、『志望動機』に対して、『志望動機』のみの

対策や準備よりも、

行わなくてはいけないことがあります。

 

まず、

・しっかり自己分析をする

・ホームページ含めて、企業や業界の情報を収集する

・今回の募集職種の内容/条件を確認する

・聞いてみたいことや質問を考える

 

上記の作業をしっかり行って下さい。

おわかりのように、上の4項目も全て就活対策で行うことです。

『志望動機』は早い段階で質問されがちなので、最初に考えるイメージが

ありますが、実はココに凝縮された集大成的な要素があると思ってます。

 

『志望動機』は、

自己分析を行い、今までの退職理由を明確にして、将来のヴィジョンを考えて

応募先企業の情報収集を行い、業界情報を集めて、

求人情報の内容を確認して、

回答する項目です。

 

しっかり対策をして、良い結果に繋げてください。

 

事務派遣のご相談はスタッフエースにお任せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

事務派遣のご相談はスタッフエースにお任せください。