書類選考通過のために/職務の棚卸

新潟の総合人材サービス、スタッフエースの五十嵐です。

 

3月、4月は年間を通じて最も求人の問合せが多いシーズンです。

特に、直近が非正規で就業していて、今後は正社員にと考えている方や

正社員に応募しているが、なかなか内定に至らず、とりあえず派遣にと

考えている方からの問合せが多いように感じます。

 

はっきり言いますが、事務職において正社員への転職は、そう簡単では

ありません!

 

昨日、新潟県の2021年2月の有効求人倍率が発表されました。

事務職に限ってみてみると、常用で0.29Pです。

1件の事務求人に対して、少なくとも3人以上の応募がある計算です。

あくまでも平均値ですので、一見質の良さそうな求人になると、軽く

2ケタの応募になります。

 

では、そこを踏まえた上での対策ですが。。。

今回は事務職→事務職への転職を成功させるためにという視点で

書類選考を通過するためにという点に絞ってお話いたします。

 

そうです、まずは書類選考を通過しなくてはいけません。

 

■今までのキャリアを少しでも活かす!

少なくとも事務職においては買手市場です。

自分のセールスなくしてライバルに勝てません。

 

しっかり自己分析をしてください。

いままで何をやってきたか、具体的に書き出してみましょう

・・・『職務の棚卸』なんていいます。

 

派遣の登録時にも、業務経歴を記載してもらってます。

一般事務とだけしか書かない方もいます。

書類作成、入力業務だけの方もいます。

職務経歴書への記入もそうですが、できるだけ詳しく、具体的にが鉄則です。

 

電話対応も、どういった内容なのか

「取引先からの納期確認の回答」

「エンユーザーからののクレーム対応」

書類作成も

「エクセルを使ってフォーマットへの売り上げ入力」

「エクセルで関数使って会議資料作成」

入力業務も

「社内の販売管理システムへの入力」

「汎用システム 会計王や給与王への入力」

など

経歴書に落とし込んでください。

 

全く同じ仕事はありませんが、業務効率を重んじる昨今、

同じソフトを使った経験や業務内容の経験など、採用側は

経験値を重んじる傾向が強いと感じます。

 

まずは、前職、前々職などでどんな業務をしていたか

5W1Hを意識して、とにかく書き出してみてください。

コツは、始業から終業まで順に何をしていたか考えてみる。

また月1回や年1回の業務、イレギュラー業務など。

とにかく書けるだけ書いてみる。

 

次に、今までの、どのキャリアが、応募先求人に対して刺さるか

考えてください。

逆に、棚卸したキャリアを踏まえて、どの求人なら自分を有利に

セールスできるか。条件面での検索でなく、業務内容を軸に探すことも

効果的です。

 

条件面も大切ですが、内定への1番の近道になるかもしれません。

 

応募先ごとに1件1件書類を作成する方もいらっしゃいますが、そのための

準備は時間をかけて丁寧に行って頂きたいと思います。

 

就活中の皆さんに少しでも役に立てればと思います。

 

応募書類の添削、アドバイスも随時行っています。

 

新潟で事務のお仕事紹介はスタッフエースにお任せください。